おまとめローンで使えるローン

カードでキャッシング

消費者金融が発行しているカードで、キャッシングを利用する事が出来る。

消費者金融の大改革

消費者金融のキャッシング・ローン、大改革の時代です。
金利の法律、貸金業規制法が改正改正され、数多くの消費者を苦しめた「グレーゾーン金利」の撤廃が決定しました。

その対応に向けて、消費者金融が大きく動き出しましたね。

出資法の上限金利29.2%が、利息制限法の上限金利最高20%まで引き下げられるため、消費者金融など貸金業者は大幅な収益の減少を予測しています。

利用者にとって利便性が高いと支持された無人契約機や無人・有人店舗の閉鎖。
それに伴う従業員の大規模なリストラ。。。
経営基盤の見直しに、手当たり次第削れるものは削っています。

消費者金融のキャッシングといえば、幅広い顧客層に貸付を行うのが特徴です。
今後予想されるのは、貸出リスクの高い(信用力が低い)顧客層への貸し渋りが予想されます。
優良顧客(信用力が高い)には、従来通りの融資規模を維持するでしょう。 回収率を上げるためには、優良顧客の維持と拡大が必要です。
利息引き下げによる減収を食い止めるにはそうするしかありません。

消費者金融業界の再編も予想されます。
消費者金融の老舗、アコム、プロミス、武富士、レイク、アイフル・・・。
大手は盤石な経営基盤を活かして、他事業への展開、サービス向上など、質の高い商品を提供するはずです。経営基盤の弱い中小の消費者金融は、合併、債権譲渡、最悪の場合は廃業に追い込まれる可能性もあります。

消費者にとってこの変動が、よき改革となることを祈りましょう。 今後、消費者金融の比較は、低金利中心のレベルで争われることを期待します。 新しい消費者金融時代の幕開けと消費者の明るい未来を期待して・・・。

キャッシングを有効活用

長引いた不景気が、サラリーマンの懐にモロに影響していますね。
給料日前のちょっとしたおつきあいにも顔を出せなくなった。。。
寂しい限りです。たまには友人と一杯やりたくなることもあるでしょう。

給料が下がってお小遣いも減り、カードローンなどでちびちびお金を借りていたら、いつの間にか借金が膨らんでしまっていた。。。複数の借入を一つの借入に一本化して、返済を楽にしたい。。。おまとめローンで多重債務から脱出したいなどの悩みを抱えている方もいるのでは??

そんなとき役立つのが、無担保貸付のカードローン。
消費者金融や銀行、信販会社などが提供するキャッシング・サービスです。

無理のない低金利ローンがオススメ。お得な借り方は、短期で借りること。
利息が日割り計算される消費者金融系のキャッシングが、お手頃で便利です。
ヘタにクレジットカードのキャッシングを利用してしまったら、29%台の利息を、最高55日分支払うハメになります。

日割り計算だと、3日で返せば3日分の利息です。なるべく低利の商品を選びましょう。

お急ぎの場合は即日キャッシングが便利。無利息サービスがあれば、それもよい選択方法です。

キャッシングは、短期借入がお得です!キャッシングの比較サイトで貸付金利の比較をしよう!

無利息融資

消費者金融でローンを組む際にはどうしても気になるのが金利ですね。

そんな利用者の利息がきつい~という先入観を覆す、ある一定期間だけの限定ですが、利息を支払わなくてもよいキャッシングサービスがあるのですよ。

とってもお得感たっぷりで魅力的ですが、ある一定期間だけなので残念ながら、全く支払わなくても良いと言うことではないのです。

シンキのノーローンという商品は何度でも無利息で借りられますが、ほとんどのサービスは、初回契約時のみと限定されていますので、商品の選択時にはご注意ください。

たとえば、「7日間無利息サービス」とうたっている商品を例にとると、契約し融資が始まった日から数えて7日間のみに無利息が適用されます。なのでご利用から8日たった日より利息が発生するということですね。

ということは、30日間の利用であれば、23日間の利息分を元金に加えた金額が、総支払額になります。

無利息とはいえ、その期間が過ぎて借入残高が残っていると、その後は返済が完了するまで利息を支払わなくてはなりません。ですから、借入時は、自身の返済能力を考慮しましょう。

インターネットで検索しさまざまなローン商品がありますが、まずは借入金額だけに着目するのではなく、総支払額が一体いくらになるのだろうか?という試算をすることが重要です。

無利息キャッシングの利用方法は、短期間でできるだけ少ない金額を利用するように心がけましょう。
できれば無利息期間で返済完了するのが一番です。

借入額にもよりますが、返済総額をトータルで考えた場合、無利息ローンを利用するよりも、低金利ローンを選択した方がいいケースもあります。借入額が大きければ、銀行や銀行グループの低金利ローンがお勧めです。

銀行・銀行グループ以外では、信販会社系のオリックスVIPローンがありますが、オリックスグループは銀行も経営しているため、融資額は高め、金利は低めと、利用しやすいローン商品となっています。

これからキャッシングの利用予定はある方は、一度調べてみてくださいね。

●YAHOO=NEWS=●

・政府系金融機関改革、役割を見直すとの趣旨の実現を

塩崎恭久官房長官は閣議後の記者会見で、政府系金融機関の改革法案が出そろったことについて聞かれ「政策として担うべき役割とは何かを見直すことで、結果として国民負担が定着しないようにしなければならない」との基本方針を示した。


Copyright © 2014 おまとめカードローン~損をしない一本化 All Rights Reserved.